中村一雄氏とは

保育・教育の大切さを伝えた僧侶


中村一雄(なかむらかずお)

 ペンネーム / 武者一雄

 

市川崑監督・映画「ビルマの竪琴」(竹山道雄著)の主人公水島上等兵のモデルと言われています。

 

大正5年(1916年)1月2日生―

平成20年(2008年)12月17日(享年92歳)

  

中村一雄氏とは、日本の北関東にある、群馬県昭和村曹洞宗赤城山雲昌寺故第二十二世大和尚でもあり、社会福祉法人子育会子育保育園創立者。

  


 

日本の群馬県松井田(現安中市)で生まれ、福井県にある曹洞宗永平寺安居中の1938年に召集。インパール作戦に参加し、ビルマ(現ミャンマー)で終戦を迎えました。 

 

1946年復員、群馬県昭和村の開拓にご尽力、地域に保育園をつくり、郷土の教育や文化の礎を築いた人物であります。

 

感謝の気持ちから、ミャンマー・キンウー地区に「アウンティリ小学校」を私財を投じ建立。また、日本人戦没者慰霊碑も建立。その様子は、NHK総合テレビで放映されました。   


 

中村氏とビルマ(ミャンマー)に関する情報

 (NHK総合テレビ取材時の資料より)

 

 1970(昭和45年)

「ビルマの耳飾り」

 講談社児童文学新人賞受賞

 

1997(平成9年) 55年ぶりにビルマ再訪

 

1997(平成9年) 「ビルマの星空」再刊

 

1998(平成10年)ミャンマーキンウー再訪

 

1998(平成10年)8月10日

 はるかなる「ビルマの竪琴」

 NHK総合テレビ放映

 

1998(平成10年)10月

  アウンティリ地区に小学校を寄贈

  日本人戦没者慰霊碑建立

 

2008年(平成20年)12月17日遷化

(享年92歳)